小牧山の歴史

小牧山 - 濃尾平野にある小高い山 - 激動の戦国時代の舞台へようこそ!!

其の一、信長が築いた! 尾張統一への足掛かり!

其の二、家康が戦った! 小牧・長久手の戦いの前線基地

もはや「小牧=小牧山」と言っても過言ではないほど、尾張で名をとどろかす小牧山。

かつての小牧山城の様子を探るべく、小牧山各所で行われている発掘調査では、最近3段に渡る石垣が出現し、日本最古の「石垣で造った城」である可能性がでてきました。

名古屋駅から小牧山城へのアクセス!

●名古屋駅→(地下鉄東山線)→栄駅→(地下鉄名城線)→平安通駅→(名鉄小牧線)→小牧駅
所要時間:約40分  料金:570円

●名古屋駅→(名鉄犬山線)→岩倉駅
所要時間:約15分  料金:350円

●名古屋駅→(徒歩)→名鉄バスセンター→(都市間高速バス桃花台行)→小牧市役所前(小牧山城)
所要時間:約40分  料金:630円

もっと知りたい小牧山

武将に聞く 小牧山城築城と城下町 ~織田信長編~

武将に聞く 小牧・長久手の合戦 ~徳川家康編~

小牧山には何がある?

授受頂上にそびえる小牧城(小牧市歴史館)!(小牧市歴史館のページにリンクします)

小牧山の歴史

発掘調査の様子を見る(小牧市のページにリンクします)

小牧山(国指定史跡)

小牧山は市街地の西に位置する標高85.9mの小山です。
永禄6年(1563)織田信長が小牧山に築城し、清須から居城を移しました。 4年後、信長は岐阜へ移り廃城となりましたが、後に徳川家康と豊臣秀吉の「小牧・長久手の戦い」において家康の陣となりました。
山には緑地や遊歩道があり、春には桜やツツジの花が咲き、市民の憩いの場となっています。

 ■ 小牧山関連パンフレット
↓↓↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます↓↓↓

小牧山城
歴史探訪ガイド  
小牧山城
歴史探訪ガイド 中・A 
小牧山城
歴史探訪ガイド 中・B 

小牧城(小牧市歴史館)

小牧山の頂上にあり、館内は小牧市の郷土資料が展示され、4階は展望室となっています。
名古屋市の実業家平松茂翁(故人)により、昭和43年に完成し本市に寄付されました。
開館時間 9:00~16:30
休館日 毎月第3木曜日(祝日の場合は翌日)
入場料 大人100円 小人30円
※土日祝日は小人無料

 ■ 小牧歴史館パンフレット
↓↓↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます↓↓↓

小牧市歴史館 表面
小牧市歴史館 裏面

このページの先頭へ