ニュース
2021年5月17日

このページでは不定期更新にて小牧山の自然の様子をお伝えします☆
【5月17日更新】
○夏鳥たちが訪れています
画像68-1.jpg
前回の更新から約1か月の間に小牧山を13回訪れました。4月下旬、夏鳥のコマドリの声が聞こえましたが姿を見ることができませんでした。キビタキと数回出会いましたが撮影できず、5月11日に中腹でやっと撮影。
画像68-2.jpg
同じ日、コサメビタキとも出会うことができました。
画像68-3.jpg
画像68-4.jpg
5月1日には山頂でサンショウクイと出会いました。
画像68-5.jpg
5月14日には中腹で聞きなれない「ジュリ ジュリ」という鳴き声が聞こえ、姿を探し薮から出てきたメボソムシクイを撮影。これまでセンダイムシクイは何度も出会っていますが、メボソムシクイとは初めての出会い。友人はオオルリを撮っていますが、私は今季出会うチャンスに恵まれません。
画像68-6.jpg
カナメモチの花が咲き、アオスジアゲハが飛来することも。
画像68-7.jpg
画像68-8.jpg
アオスジアゲハはトチノキ、エゴノキなどでも蜜を吸っています。
画像68-9.jpg
画像68-10.jpg
4月25日には写りはよくありませんが、中腹の公園でカラスアゲハを観察。
画像68-11.jpg
画像68-12.jpg
ふもとのタンポポにはキアゲハやモンシロチョウ。
画像68-13.jpg
画像68-15.jpg
見ごろを迎えたスイカズラには、タイワンタケクマバチやイチモンジセセリが。
画像68-16.jpg
画像68-17.jpg
テングチョウも登場。
画像68-18.jpg
5月3日にはシオカラトンボ。
画像68-19.jpg
高い場所なのでわかりにくいですが、ユリノキの花も咲いています。
画像68-20.jpg
秋に赤い実をつけるトキワサンザシの花。
画像68-21.jpg
スズメバチも活動を開始、散策するときに注意願います。
画像68-22.jpg
写真の整理が追いつかずアップが遅くなりました。
【4月13日更新】

○桜に続く花々
画像67-1.jpg
例年より早く3月下旬から咲いた桜の花が4月初めには終わってしまいました。4月6日と9日に自然観察した写真をアップします、前半は6日の観察から。大きなツツジの仲間が咲き始めましたが、小さなサツキは見ごろになったものも。
画像67-2.jpg
画像67-3.jpg
バス停近くの日陰には一重と八重のヤマブキが咲いています。
画像67-4.jpg
れきしるこまき近くでは八重桜や花梨の花が見ごろに。
画像67-5.jpg
ふもと北では桜の仲間が残っているところもあります。
画像67-6.jpg
枝垂れ桜にスズメ。
画像67-7.jpg
ふ化したばかりのナナフシの幼虫をあちこちで何頭も見つけました。
画像67-8.jpg
画像67-9.jpg
次からは9日の観察、花数を増してきた大きなツツジ。
画像67-10.jpg
画像67-11.jpg
中腹の公園で冬鳥のアオジ。
画像67-12.jpg
画像67-13.jpg
しばらく姿を見なかった冬鳥のルリビタキは渡り途中の個体でしょうか。周辺には桜の花びらが。
画像67-14.jpg
画像67-15.jpg
冬鳥のシロハラもいました。
画像67-16.jpg
大手道のカタバミにヤマトシジミ。
画像67-17.jpg
産卵するようすも観察できました。
画像67-18.jpg
画像67-19.jpg

 

 

令和2年4月~令和3年3月の観察日記はこちらから♪

 

<筆者自己紹介>

 清水 豊(しみず ゆたか) ニックネームは好調

 1951年、小牧生まれ。

 小学生の頃、近所の友人たちと小牧山でクワガタ採り、自宅近くの小川のザリガニ釣りなどで遊びました。

 高校で昆虫博士の同級生と出会い、昆虫採集や標本作りに目覚めました。

 大学で生物学を専攻し生物同好会の観察会に参加する一方、同級生と昆虫採集旅行に出かけました。

 教職についてから昆虫採集ができなくなり、教育委員会主催の親子で自然に親しむ会の講師を行いようになりました。

 教職10年目頃、自然に関する知識を増やそうと野鳥写真を撮り始めました。

 学校週5日制が始まった時、子どもたちの社会教育の場について考え自然観察指導員の資格を取得しました。

 定年退職後、身近な自然を子どもたちに紹介する観察会を行うと同時に小牧市近隣の自然の記録写真を撮り始めました。