れきしるこまき

れきしるこまき(小牧山城史跡情報館)

2019年4月25日小牧山城のふもとにオープン!!

小牧山城散策のはじめに!お立ち寄りください!

れきしるこまき

近年の発掘調査で明らかとなった織田信長が築いた小牧山城の石垣や城下町、小牧・長久手の合戦など、小牧山を取り巻く歴史を、模型や映像を多く使って分かりやすく紹介しています。

ここで概要をつかんだら、次はご自身の足で小牧山城を散策してみましょう♪

城郭シアター

戦国時代の小牧山への導入部として、織田信長、羽柴(豊臣)秀吉、徳川家康についての映像を壁面と床面に投影しています。

石垣模型(土の城から石の城へ)

小牧山山頂で確認された石垣1・2段目を原寸大で再現した模型です。
プロジェクションマッピング映像を模型に投影することで、築城当時の姿や石垣の構造等をリアルに学ぶことができます。

戦国プレイベース

「石を運ぶ」、「石を積む」など、石垣に関することを体験学習できるコーナーです。

他にもみどころはいっぱい!!自分の目で確かめよう!!

  • 開館時間 9時~17時(入館16時30分まで)
  • 休館日 第3木曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 入館料 大人100円(30名以上の団体は60円)、中学生以下は無料

 ※れきしるこまきの入場料で山頂の小牧市歴史館にも入場できます。

公式ホームページはこちら

http://komakiyama.com/rekishiru/