ニュース
2024年1月31日

小牧山の自然観察日記執筆者「清水豊」先生のインタビュー動画はこちら!
1年間小牧山の四季を写真に収めて投稿いただいた1年間を振り返って
もらいました♪清水先生お気に入りの1枚は何でしょうか?

このページでは不定期更新にて小牧山の自然観察日記を発信しています。
【1月31日更新】
正月早々の能登の大地震から1か月が過ぎようとしています。不安な年明けで心配をしていましたが、小牧山の自然はいつも通りの感じで過ぎています。
画像90-1.jpg
年末に出会った数年に一度しか出会うことがないマミチャジナイ。アカハラに似ていますが、眼の上の白いラインが特徴。
画像90-2.jpg
近くにはシロハラも。
画像90-3.jpg
お稲荷さん近くのサザンカでヒヨドリが吸蜜。
画像90-4.jpg
大手道ではモズ。
画像90-5.jpg 
大手道登り口のエノキにツグミ。
画像90-6.jpg
警察署横の歩道にカワラヒワの群れ。
画像90-7.jpg 
合瀬川の木にはアオサギとダイサギ。
画像90-8.jpg
画像90-9.jpg
桜の馬場でアカゲラ。
画像90-10.jpg
木にあけた穴から虫を食べていました。
画像90-11.jpg
ふもとではコゲラ。
画像90-12.jpg 
薮から姿を見せたウグイス。
画像90-13.jpg
1月24日の雪が残るサザンカにヒヨドリ。
 画像90-14.jpg
今回は野鳥を中心にまとめました。

【12月25日更新】
○秋から冬へ<11月末から12月の記録から>
週に二回ほど小牧山の観察を続けていましたが、撮りためた写真の整理が追いつかず原稿の作成が遅くなりました。前回から約2か月、小牧山は秋から冬に様変わりしてきました。
画像89-1.jpg
 ふもとでは四季桜と紅葉のコラボ。
画像89-2.jpg
ふもと北のケヤキはほとんど葉を落としました。
画像89-3.jpg
ナンキンハゼの根元付近の落ち葉。
画像89-4.jpg
イチョウの黄葉。
画像89-5.jpg
カエデの紅葉。
画像89-6.jpg
ハゼノキの紅葉。
画像89-7.jpg
マンリョウの実。
画像89-8.jpg
カナメモチの実。
画像89-9.jpg
クロガネモチの実。
画像89-10.jpg
ネズミモチの実。
画像89-11.jpg
ヤツデの花。
画像89-12.jpg
ツワブキの花。
画像89-13.jpg
サザンカの花。
画像89-14.jpg
冬鳥のジョウビタキのメス。
画像89-15.jpg
シジュウカラ。
画像89-16.jpg
画像89-17.jpg
メジロ。
画像89-18.jpg
合瀬川でキセキレイ。
画像89-19.jpg
アオサギ。
画像89-20.jpg
コサギ。
画像89-21.jpg
暖冬と思っていましたが、12月中旬ころから本格的な冬の寒さが到来。コロナ対策で数年流行らなかったインフルエンザが流行の兆し。予防対策を万全にし、天気のよい日は寒さに負けず小牧山を歩いてみませんか。

【10月13日更新】
○コサメビタキの姿を見るように
画像88-1.jpg
9月29日、小牧山のふもと北でコサメビタキと出会いました。
画像88-2.jpg
画像88-3.jpg
画像88-4.jpg
山頂より少し下の広場に行くと2羽のコサメビタキが飛来し、長い時間観察することができました。
画像88-5.jpg
ふもと東の土手に咲くヒガンバナにアゲハ。
画像88-6.jpg
画像88-7.jpg
さらにクロアゲハも飛来し吸蜜。
画像88-8.jpg
画像88-9.jpg
ふもとではミドリヒョウモンも。
画像88-10.jpg
ウラギンシジミのオス。
画像88-11.jpg
ベンチにオンブバッタ。
画像88-12.jpg
画像88-13.jpg
ふもと北の梅の木に大きな芋虫、モモスズメというスズメガの幼虫。
画像88-14.jpg
アラカシのどんぐり。
画像88-15.jpg
シラカシのどんぐり。
画像88-16.jpg
色づいてきたトキワサンザシの実。
画像88-17.jpg
ヤマノイモのむかご。
画像88-18.jpg
クサギの実。10月に入り真夏のように暑くなくなりました。小牧山の散策に出かけてみませんか。

【8月8日更新】
○あちこちで幼鳥を観察
画像87-1.jpg
画像87-2.jpg
8月1日、小牧山南出入り口の芝生広場でハクセキレイの幼鳥。
画像87-3.jpg
ふもと北の枝にはヒヨドリの幼鳥。
画像87-4.jpg
ふもと北ではスズメの幼鳥。
画像87-5.jpg
ふもと北の梅園では、前夜に咲いたカラスウリの花。
画像87-6.jpg
咲き終わった花にウリハムシ。
画像87-7.jpg
画像87-8.jpg
少し離れたカラスウリの葉に数多くのウリハムシが。
画像87-9.jpg
ふもと北のワルナスビにニジュウヤホシテントウ。
画像87-10.jpg
ワルナスビの青い実。
画像87-11.jpg
近くにウラギンシジミ。
画像87-12.jpg
画像87-13.jpg
1日と4日とも蛾の仲間のオオスカシバが葉っぱで休憩。休憩の前は近くのクチナシで産卵をしていました。
画像87-14.jpg
画像87-15.jpg
れきしる前のアオギリの実。
画像87-16.jpg
タカサゴユリは間もなく開花。
画像87-17.jpg
画像87-18.jpg
アブラゼミやクマゼミに混じり、ツクツクボウシの声が聞こえるようになりました。
画像87-19.jpg
クサギの花が咲きそろい、その周辺には花の香りが充満。自然を楽しみながら小牧山を歩いてみませんか
【7月14日更新】
○早くも3種のセミを観察 
画像86-1.jpg
6月30日、小牧山中腹で今年一番早く見つけたセミは例年と違うアブラゼミ。
画像86-2.jpg
7月7日には小牧山ふもとでクマゼミ。
画像86-3.jpg
7月11日にはふもとでニイニイゼミ。間近で鳴き声が聞こえ幹の上の方を探しても見つけることができず、視線を目の前に移すとそこにニイニイゼミがいました。
画像86-4.jpg
ふもと東出入り口に近いカリンの実にいたチョウはアカボシゴマダラ。
画像86-5.jpg
このチョウは奄美諸島のみで見られたものですが、近年、中国から持ち込まれたと思われる別亜種が、関東や東北・中部・近畿の一部で繁殖し分布を広げています。昨年、2人の友人がふれあいの森と四季の森とで観察しているので小牧でも生息し始めたと思います。
画像86-6.jpg
画像86-7.jpg
ふもと北の盛りを迎えたリョウブの花にいろいろな虫が訪れていました。上の写真はアカボシゴマダラと同じ仲間のゴマダラチョウ。
画像86-8.jpg
クマバチをはじめハチの仲間も。
画像86-9.jpg
ハチに似たカミキリムシの仲間のヨツスジトラカミキリ。
画像86-10.jpg
ふもと東の遊歩道にコクワガタのメスがいました。
画像86-11.jpg
中腹の桜の馬場でヒメハンミョウ。
画像86-12.jpg
台湾~東南アジア原産の帰化種のキマダラカメムシ。
画像86-13.jpg
あちこちで咲きそろってきたヤブミョウガ、早く咲いたものは実ができ始めています。
画像86-14.jpg
クサギのつぼみ。
画像86-15.jpg
マンリョウのつぼみ。
画像86-16.jpg
咲き始めたヘクソカズラの花。
画像86-17.jpg
熟さずに落ちたトチノキの実。
画像86-18.jpg
エゴノキの虫こぶ。
画像86-19.jpg
上は虫こぶにならない普通の実。
画像86-20.jpg
れきしるこまき前のアオギリ。毎日のように熱中症情報が出ています。熱中症対策をし小牧山の木陰を散策していませんか。

【6月27日更新】
○梅雨時の観察に欠かせない生きもの 
画像85-1.jpg
6月23日、今にも雨が降りそうな曇り空のもと小牧山ふもとで自然観察。南出入り口や北出入口で数多くのカタツムリ、梅雨時にぴったりのネタ。
画像85-2.jpg
北出入口のコンクリート壁面は石灰分がお気に入りのカタツムリに欠かせない場所。
画像85-3.jpg
木の幹にナメクジも。
画像85-4.jpg
みなさんがほとんど見たことのない生きもののコウガイビル。ヒルという名前がついていますが、ヒルとは違うプラナリアの仲間、褐色~黒褐色で、頭部がイチョウの葉のような形の細長い生き物。人家周辺にも生息し、普段は植木鉢の下や朽木の裏などに潜んでいる。
雨が降った後には地面を這っているのを見ることがある。ナメクジやカタツムリを食べる肉食性で、体の中央部に口がある。
画像85-5.jpg
 もう一つ外来種のオオミスジコウガイビル。黄土色で、褐色の縦筋を3本持ち、頭部がイチョウの葉のような形の細長い生き物。林や公園の石の下など、湿っぽい場所に生息している。雨が降った後には地面をはっているのを見ることがある。ミミズやナメクジを食べる肉食性で、体の中央部に口がある。こちらは中国南部原産の外来種。
画像85-6.jpg
北出入口の手すりにいたスズメ。
画像85-7.jpg
クモの巣についた雨粒。
画像85-8.jpg
雨に濡れるアガパンサスやムクゲ。
画像85-9.jpg
画像85-10.jpg
画像85-11.jpg
最近目立ってきたネズミモチの花。
画像85-12.jpg
雨粒のついたエゴノキの実。
画像85-13.jpg
画像85-14.jpg
クチナシやアジサイの花。
画像85-15.jpg
画像85-16.jpg
マユミの実。
画像85-17.jpg

画像85-18.jpgれきしる前の咲き始めたアオギリの花。
画像85-19.jpg
暑くなると同時に薮蚊の活動が活発に、熱中症対策や虫よけ対策をし小牧山の自然を楽しんでください。

【5月16日更新】
○タンポポは蝶のオアシス
画像84-1.jpg
5月5日、9日、12日の小牧山観察記録をまとめました。ふもと芝生広場に咲くタンポポでいろいろなチョウが吸蜜。最初の写真はアゲハ、下はモンシロチョウ。
画像84-2.jpg
下はツマグロヒョウモンのメス、その下はオス。メスは名前の通り前翅の先端(つま)の黒いのが特徴。
画像84-3.jpg
画像84-4.jpg
アオスジアゲハはトキワサンザシで蜜を吸っていました。
画像84-5.jpg
ウラギンシジミやテングチョウも登場。
画像84-6.jpg
画像84-7.jpg
盛りを過ぎかけたエゴノキにはクマバチ。
画像84-8.jpg
4月から姿を見せているシオカラトンボのオス。
画像84-9.jpg
下のメスは別名ムギワラトンボ。
画像84-10.jpg
雌雄で交尾する姿も見ました。
画像84-11.jpg
4月に比べ一回り大きくなったナナフシの幼虫。
画像84-12.jpg
今年巣立ったシジュウカラの幼鳥、胸の黒いネクタイはまだぼんやりした感じ。
画像84-13.jpg
4月下旬から咲き始めたスイカズラの花は終盤になり、最近はテイカカズラの花が目立ってきました。
画像84-14.jpg
名前のカズラはつる植物によく使われます。
画像84-15.jpg
ハナミズキに似たヤマボウシの花。
画像84-16.jpg
生け垣で植えられているシャリンバイ。
画像84-17.jpg
高いところで咲いているセンダンの花。
画像84-18.jpg
前回つぼみで紹介したトチノキは実ができ始めました。
画像84-19.jpg
下は4月25日のトチノキの花。
画像84-20.png
小牧山は春から夏へと移り変わっています。

【4月12日更新】

○スプリング・エフェメラル(春の要請)
画像83-1.png
4月6日雨の小牧山を歩いた記録をまとめました。ふもと北の低木の影にムラサキケマンの花。
画像83-2.png
3月24日のカタクリ、今年は例年より開花が早い。
画像83-3.png
早春に咲くムラサキケマンやカタクリをスプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼びます。これらの植物はライバルの少ない春に日光を取り込み、夏前に種子を作り地下茎や球根に栄養をため込みひっそり暮らす戦略で生きています。
画像83-4.png
ソメイヨシノを始めほとんどの桜花が散っていますが、八重桜は見ごろに。
画像83-5.png
桜から花のバトンを引き継いだのが、小牧市の花のツツジ。
画像83-6.png
画像83-7.png
山のふもとに咲くシャガ。
画像83-8.png
夏に大きな実をつけるカリンの花。
画像83-9.png
目立たないカエデの花。
画像83-10.png
グミの花。
画像83-11.png
あと少しすると見ごろを迎えるウツギのつぼみ。
画像83-12.png
トチノキも開花準備に。
画像83-13.png
暖かくなったのでカタツムリも登場。
画像83-14.png
ナナフシも卵からふ化、今季初の観察は1頭のみ。
画像83-15.png
小牧山の花の季節はまだ続きます。
【3月8日更新】
○河津桜が咲き始めました
画像82-1.jpg
3月3日小牧山を歩いた記録をまとめました。ふもと南の広場にあるあまり大きくない河津桜が咲き始めました。
画像82-2.jpg
ふもと東の遊歩道脇の紅梅は見ごろ。
画像82-3.jpg
近くの白梅も花数が増えました。
画像82-4.jpg
梅園の紅梅はまだつぼみですが、スマホやカメラで写真を撮る人もいました。
画像82-5.jpg
中腹公園の水場は小鳥たちの人気スポット。
画像82-6.jpg
画像82-7.jpg画像82-8.jpg
上の写真はシジュウカラ、メジロとクロジのように思います。
画像82-9.jpg
この日は4羽のジョウビタキのメスと出会いました。
画像82-10..jpg
れきしる横の高いところにいたキジバト。
画像82-11.jpg
大手道のシロハラ。
画像82-12.jpg
最近、中腹公園でオオタカらしいタカをよく見ますがなかなか撮影できません。この日は枝にとまったところをねらいましたが撮れたのはお尻でした。アオゲラの鳴き声も聞こえますが、姿を見ることができません。


【2月20日更新】
○早春の装いがスタート
 画像81-1.jpg
2月3日から17日まで小牧山を歩いた記録をまとめました。ふもと東の広場にある紅梅の花数を増やしてきました。合瀬川土手の白梅が咲き始めました。ふもと北や梅園の梅はまだつぼみばかり。
画像81-2.jpg
れきしるこまき前斜面にあるマンサクも開花。
画像81-3.jpg
ヤブツバキはあちこちで花が咲き始めました。
画像81-4.jpg
桜の馬場周辺ではこれまで薮の中に潜んでいたアオジが姿を見せるようになりました。
画像81-5.jpg
画像81-6.jpg
大手道でコゲラ。
画像81-7.jpg
カラスは枝にとまりにらみをきかせています。
画像81-8.jpg
市役所の上空でトビとのバトルも。
画像81-9.jpg
画像81-10.jpg
桜の馬場、どなたかが設置した水場にシロハラやウグイス、シジュウカラ。
画像81-11.jpg
画像81-12.jpg
羽繕いするメジロ。
画像81-14.jpg
花粉症の方にはつらい季節ですが、早春の花を見つけに小牧山へ出かけてみませんか。


【1月18日更新】
○数年ぶりにトラツグミ 
画像80-1.jpg
1月13日、小牧山のふもとを歩いていて小牧山では数年ぶりとなるトラツグミと出会うことできました。この写真を撮った直後、後ろから来たウオーキングの方が私を追い越したためトラツグミは薮の中に飛び去りました。
画像80-2.jpg
トラツグミ逃げられた私を励ますかのように2羽のタカが旋回。
画像80-3.jpg
画像80-4.jpg
画像80-5.jpg
大手道のヤブツバキが咲き始めました。
画像80-6.jpg
マンリョウとセンリョウの赤い実。
画像80-7.jpg
画像80-8.jpg
クロガネモチの赤い実。
画像80-9.jpg
斜面に咲くスイセン。
画像80-10.jpg
れきしる前の土手にあるマンサクはつぼみ。
画像80-11.jpg
メジロやジョウビタキのメス、ヒヨドリにも出会いました。
画像80-12.jpg
画像80-13.jpg
画像80-14.jpg
1月も半分が経過、あと1か月もすると梅の花が咲き始めると思います。


【1月10日更新】
○  新年あけましておめでとうございます!昨年の夏以降、週に2度ほどは小牧山の観察をしていましたが、先に進めなくてはならない仕事が重なりこの原稿を書けずに経過してしまいました。ほぼ毎日のように撮影した写真の整理が追いつかず、現在でも1か月ほど遅れています。この仕事を引き受けた以上は何とか継続しなくてはと思っています。1月5日に行った新年最初の小牧山観察の記録写真を優先して原稿をまとめました。
画像79-1.jpg
観察途中、ふもとから上空を見上げると1羽のタカが飛来し旋回。幸運な初夢の一富士二鷹三茄子のタカを初春に見ることができラッキーな気分になりました。
画像79-2.jpg

合瀬川にはダイサギ、コサギ、アオサギと3種の鷺が勢ぞろいしていました。
画像79-3.jpg
画像79-4.jpg
今年は冬鳥のツグミの飛来が例年より遅く、小牧山ではこの日が初めての出会いとなりました。上の写真はふもと北のケヤキ並木、下の写真は中腹の桜の馬場でネズミモチの実を食べているところ。
画像79-5.jpg
画像79-6.jpg
冬鳥のアオジともなかなか出会うチャンスに恵まれませんでしたが、この日は薮から出て姿を見せてくれました。
画像79-7.jpg
画像79-8.jpg
アオジのいた薮から冬鳥のジョウビタキのメスも姿を見せてくれました。
画像79-9.jpg
桜の馬場に向かう坂道でもジョウビタキのメスが登場。
画像79-10.jpg
画像79-11.jpg
年末近くまではモミジバフウの実をついばんでいたカワラヒワが最近は地面で餌探しをしています。
画像79-12.jpg
ふもとの芝生広場の常連のハクセキレイは毎回のように出会います。
画像79-13.jpg
画像79-14.jpg
メジロの群れとも出会いましたが、ちょこまかと飛び回り撮影に苦慮。
画像79-15.jpg
画像79-16.jpg
ふもと北出入口付近で3匹の野良ちゃんと出会います。新型コロナの流行も第8波となりました。予防対策を万全にし生活していきたいと思います。
 
【8月28日更新】
○ヒヨドリがセミをゲット!
真夏に比べ蝉しぐれも少し静かになってきた小牧山ふもとを8月21日歩いてきました。南入り口から歩きふもとの北に曲がったところでコゲラやシジュウカラなどの小鳥の群れ。その群れに混じるように近くの枝へヒヨドリが飛来。ヒヨドリは口に何かをくわえているので、そのようすを望遠で何枚も撮影しました。ヒヨドリの餌食になったのは、この夏初めて鳴き声を聞いたミンミンゼミのようでした。
画像78-1.jpg
画像78-2.jpg
夏になり一番早く鳴き始めたニイニイゼミがまだいました。
画像78-3.jpg
なかなか撮影できなかったツクツクボウシを数枚撮影。
画像78-4.jpg
画像78-5.jpg

画像78-6.jpg観察を開始してれきしるこまきの裏手にある見ごろを迎えたクサギの花をチェックすると黒いアゲハチョウが来ていました。その近くまで行き撮影すると吸蜜に訪れたナガサキアゲハのオス。
画像78-7.jpg
画像78-8.jpg
画像78-9.jpg
前日に雨が降ったので、木の幹や草の葉にカタツムリ。
画像78-10.jpg
画像78-11.jpg
夜に花を咲かすカラスウリには前夜の花、夜見ると花びらのレースがきれい。
画像78-12.jpg
低木を覆うようにつる植物のガガイモとヘクソカズラの花。
画像78-13.jpg
ヘクソカズラにはホシホウジャクという蛾が吸蜜。
画像78-14.jpg
ガガイモの近くにはイチモンジセセリという蝶の仲間。
画像78-15.jpg
画像78-16.jpg
キマダラセセリという蝶もいました。
画像78-17.jpg
花の近くに獲物の到来を待つかのようにカナヘビが。
画像78-18.jpg
小鳥の群れで飛来したコゲラとシジュウカラ。
画像78-19.jpg
画像78-20.jpg
梅園でショウジョウトンボ。
画像78-21.jpg
トチノキの下へ行くと実が1つ落ちていました。
画像78-22.jpg
近くにもう一つ小さな実があり、中の実を取り出すと。
画像78-23.jpg
夜は真夏のような蒸し暑さがなくなり、朝晩虫の音が聞こえるようになりました。新型コロナの第7波は今がピークの感じ、予防対策をし今日も自然観察に出かけようと思います。

【7月26日更新】
○蝉しぐれの小牧山&野鳥写真展
前回の報告でニイニイゼミとクマゼミの鳴き声が聞こえました。声だけで姿を見ることができませんでしたが、そのうち姿を写真に収めることができると思いますと書きました。7月23日の観察では前述の2種に加えアブラゼミも加わりました。
画像77-1.jpg
画像77-2.jpg
ニイニイゼミ。
画像77-3.jpg
画像77-4.jpg
クマゼミ。
画像77-5.jpg
アブラゼミ。
画像77-6.jpg
クサギの花が咲き始めました。花が咲きそろうとアゲハの仲間をはじめ虫たちが訪れると思います。
画像77-7.jpg
ヤブガラシの花にアオスジアゲハ。
画像77-8.jpg
盛りを迎えたヤブミョウガにクマバチ。
画像77-9.jpg
梅の木の根元にマンネンタケ。
画像77-10.jpg
7月22日から8月31日まで山頂の歴史館1階無料スペースで「小牧山を舞う野鳥たち」写真展を開催しています。6年前に行った写真展の写真に合瀬川の野鳥を加えました。写真展の見学だけならば無料で入場できますので、山頂まで登る機会のある方はエアコンで涼みながら見学いただけると幸いに存じます。
画像77-11.jpg
画像77-12.jpg
画像77-13.jpg
画像77-14.jpg
画像77-15.jpg
画像77-16.jpg
新型コロナ感染の第7波で感染者が急増しています。これからしばらく猛暑が続くと思いますが、感染予防と健康管理に気をつけお過ごし願います。


【7月6日更新】
○例年より早い梅雨明けに驚いています
前回のアップで月に一度の更新をと書きましたが、いろいろな仕事に追われ掲載が遅くなりました。その間に季節は短い梅雨が終わり夏になりました。1週間ほど前、小牧山の観察をしているとニイニイゼミとクマゼミの鳴き声が聞こえました。声だけで姿を見ることができませんでしたが、そのうち姿を写真に収めることができると思います。
画像76-1.jpg
7月1日、ふもとでウスバキトンボを見ました。全世界の熱帯や亜熱帯で見られるトンボで、日本には初夏に南からやってきます。どんどん北に向かって分布を広げますが、冬は超すことができず死んでしまいます。
画像76-2.jpg
シオカラトンボによく似たオオシオカラトンボも見ました。シオカラトンボは腰から下が細くなっていますが、このトンボはほぼ同じ太さをしています。濃いめの水色をしたものはオスで、メスはくすんだ黄色をしています。
画像76-3.jpg
画像76-4.jpg
れきしるこまきのサルスベリやムクゲが咲き始めました。
画像76-5.jpg 
北のふもとにあるリョウブも開花。花が咲きそろうと虫たちが訪れると思います。
画像76-6.jpg
画像76-7.jpg
数年前の剪定で昨年まで花が咲かなかったれきしる近くのアオギリも今年は開花。
画像76-8.jpg
盛りを迎えたネズミモチには蜜を吸いに来たアオスジアゲハ。
画像76-9.jpg
桜の葉にマメコガネがいました。
画像76-10.jpg
画像76-11.jpg
6月28日、市役所前道路脇花壇のアガパンサスが開花。
画像76-12.jpg
花壇の白いムクゲも見ごろになってきました。
画像76-13.jpg
山の遊歩道脇にあるヤブミョウガの花も開花。
画像76-14.jpg
画像76-15.jpg
6月初旬、梅園近くで目の前にいたツマグロヒョウモンを獲物にゲットしたミルンヤンマが観察できました。観察をしていると、たまにこんなサプライズが起きます。
【4月18日更新】
○青い鳥が来ました!
画像75-1.jpg
お正月の挨拶をアップしてから週に一度くらいは小牧山の観察は続けていましたが、地域の仕事が忙しく写真の整理ができないためこの原稿を書くことができませんでした。4つきになり地域の仕事も一区切りがつき、やっと写真整理と原稿作成ができるようになりました。ここ数日気温が25度を超えるような暑い日が続くせいか、夏鳥のオオルリのオスが小牧山に早くも飛来しました。写真のように背中側は青い色が目立ちますが、お腹は真っ白。
画像75-2.jpg
画像75-3.jpg
すぐ近くのエノキにはシメが来ました。
画像75-4.jpg
朝、ふもと北にある梅園では冬鳥のツグミやシロハラ。間もなく旅立っていくことでしょう。
画像75-5.jpg
画像75-6.jpg
画像75-7.jpg
カワラヒワもいました。
画像75-8.jpg
花の終わったソメイヨシノに成虫で越冬したルリタテハ。翅の裏はご覧のようで蛾のように見えますが、表には青いラインがあります。
画像75-9.jpg
画像75-10.jpg
タンポポにとまるキチョウ。
画像75-11.jpg
咲き始めたカリンやシャガの花。花が終わったのちカリンは実が大きくなっていくと思います。ふもとにシャガは今が見ごろ。
画像75-12.jpg
画像75-13.jpg
地味なタブノキの花。
画像75-14.jpg
終わった桜に代わり、次はツツジの仲間に。
画像75-15.jpg
桜の葉っぱにふ化したばかりのナナフシモドキの幼虫がいました。ナナフシモドキは夏まで成長のようすが観察できると思います。ナナフシモドキはほとんどメスばかりですが、不思議なことに毎年卵からふ化をします。
画像75-16.jpg
これからは月に一度くらいの更新をしていきたいと思います。


【1月5日更新】
○雪の大晦日 
画像74-1.jpg
新年明けましておめでとうございます!昨年末の大晦日は朝から雪が降る天気となりました。小牧で雪の降るのは年に数回なので、雪景色を撮りに小牧山へ出かけました。雪のため薄暗く、傘を差しながらの撮影は大変でした。雪降りの中、小牧山北のつづら折りと山頂でメジロの群れが歓迎してくれました。
画像74-2.jpg
画像74-3.jpg
画像74-4.jpg
画像74-5.jpg
白い雪と赤いクロガネモチの実とのコラボ。
画像74-6.jpg
画像74-7.jpg
赤いヤブツバキの花とのコラボ。
画像74-8.jpg
画像74-9.jpg
時々激しく雪が降るときもありました。
画像74-10.jpg
画像74-11.jpg
画像74-12.jpg
木の枝に積もった雪もさまざま。
画像74-13.jpg
画像74-14.jpg
画像74-15.jpg
新年の観察をそろそろ行おうと思っています。本年もよろしくお願いします。


【12月6日更新】
○寒くなり秋の色合いに
画像73-1.jpg
暖かい秋が終わり肌寒さを感じる季節となりました。寒暖差に比例するかのように小牧山の木々の色づきが美しくなってきました。
画像73-2.jpg
画像73-3.jpg

画像73-4.jpg
画像73-5.jpg
工事中の山頂から岐阜の雪山が見える日もあります。
画像73-6.jpg
農業用水のため水量の少なくなった合瀬川にはダイサギやコサギが訪れています。
画像73-7.jpg
画像73-8.jpg
11月中旬、冬鳥のジョウビタキのメスと出会いました。
画像73-9.jpg
そんなころヒサカキの実を食べていたカワラヒワは、モミジバフウの実に。
画像73-10.jpg
メジロはカナメモチで。
画像73-11.jpg
この時期に咲くヤツデの花。
画像73-12.jpg
黄色と赤のセンリョウの実。
画像73-13.jpg
コロナ禍ですが気分転換にウォーキングされる方が多数訪れています。


【11月15日更新】
○花や木の実
画像72-1.jpg
私事が重なり原稿の作成が遅れました、今回は11月中旬までの観察記録。10月初旬までは暖かい日が続いていましたが、中旬を過ぎるころから気温が下がってきました。コロナの感染者も激減してきました。そんなころから小牧山のふもとのツワブキが開花、花の蜜を吸いにヒメアカタテハやツマグロヒョウモン、モンシロチョウが訪れています。
画像72-2.jpg
下の写真はツマグロヒョウモンのオス。
画像72-3.jpg
次は2頭のツマグロヒョウモンのメス。
画像72-4.jpg
そしてモンシロチョウ。
画像72-5.jpg
夏の間、姿をあまり見なかった小鳥たちと出会うようになりました。ヒサカキの実を食べに来たメジロ。
画像72-6.jpg
ヒサカキにはカワラヒワの群れが来ていました。
画像72-7.jpg
画像72-8.jpg
画像72-9.jpg
エゴノキにはヤマガラ。
画像72-10.jpg
エノキにはメジロ。
画像72-11.jpg
蝶には花、小鳥には木の実などと、動物と植物とのかかわりの大切さがわかりますね。


【9月10日更新】
○夏鳥の移動の季節
画像71-1.jpg
新型コロナの感染者数が8月下旬から増加し一向に減るようすがありませんが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。そんなころから移動を始めた夏鳥たちの姿を見るようになりました。上と下の写真は8月30日に観察したサメビタキ。
画像71-2.jpg
下の写真はサメビタキによく似ていますが、少しスリムな感じ。

画像71-3.jpg
これはサンショウクイ。
画像71-4.jpg
木の葉にいた青虫を食べるようすを見ることができました。
画像71-5.jpg
今年はミンミンゼミの鳴き声を市内のあちこちで聞くことができました。
画像71-6.jpg
画像71-7.jpg
盛りを過ぎかけたクサギの花の蜜を吸いに来たナガサキアゲハのオス。
画像71-8.jpg
画像71-9.jpg
その1週間後にはクロアゲハが吸蜜に訪れていました。
画像71-10.jpg
画像71-11.jpg
蛾に似たセセリチョウの仲間の姿もよく見るようになりました。下の写真はイチモンジセセリ。
画像71-12.jpg
次の写真はよく似ていますが、チャバネセセリ。
画像71-13.jpg
セミに近い仲間のハゴロモの幼虫は虫とは思えないような姿。
画像71-14.jpg
画像71-15.jpg
観察し撮影した写真はまだありますが、ページの都合でこのくらいにしたいと思います。真夏に比べ朝夕が涼しくなってきました。コロナ感染対応だけでなく体調管理に気をつけてお過ごし願います。


【7月28日更新】
○朝から蝉しぐれ
画像70-1.jpg
例年よりも早く梅雨入りをした梅雨が明けたとたん猛暑日が続いています。連日、熱中症注意のメールが届いています。小牧山では朝からクマゼミ、ニイニイゼミ、アブラゼミの大合唱。
画像70-2.jpg
画像70-3.jpg
前回、中腹で見たホシベニカミキリがふもとの広場を歩いていました。
画像70-4.jpg
盛りを過ぎかけたリョウブの花に数多くのヨツスジトラカミキリが来ていました。
画像70-5.jpg
画像70-6.jpg
ふもとの広場をウスバキトンボの群れが飛ぶようになりました。
画像70-7.jpg
ウスバキトンボはなかなか休憩をしてくれませんが、運よく近くの木の葉にとまってくれました。
画像70-8.jpg
山の中のあちこちでクサギの花が目立ってきました。
画像70-9.jpg
画像70-10.jpg
秋の七草の一つであるクズが咲き始めました。
画像70-11.jpg
タカサゴユリは開花まであと少し。
画像70-12.jpg
運がいいと約1時間の観察で10頭のナナフシと出会いました。
画像70-13.jpg
画像70-14.jpg
今回は7月20日、24日、27日の観察をまとめました。コロナ対策だけではなく熱中症対応にも気をつけ、自然観察を楽しんでいただけたらと思います。

【6月22日更新】
○初夏の様相に
画像69-1.jpg
前回の更新から約1か月の間に小牧山を12回訪れました。6月になり昆虫たちの姿を目にする機会が増えています。最初の写真はカミキリムシの仲間のラミーカミキリ。繊維作物のナンバンカラムシ(ラミー)と一緒に日本に入った外来種の昆虫。
画像69-2.jpg
小牧市の木であるタブノキが大好物なホシベニカミキリ。小牧山中腹にある大きなタブノキ近くの地面を歩いているのを見つけました。
画像69-3.jpg
マメコガネはマメ科の作物や園芸植物を食べる害虫。日本からアメリカに渡りジャパーニーズビートルと呼ばれ恐れられています。
画像69-4.jpg
ゴミムシダマシの仲間のキマワリ。子どものころクワガタ採りで見つけ、がっかりしたことが何度もありました。
画像69-5.jpg
小牧山で撮影したのは初めてのオニヤンマ。光線の具合かきれいなエメラルドグリーンの眼が撮れませんでした。
画像69-6.jpg
青年の家近くで脱皮直後のナナフシがいました。
画像69-7.jpg
大手道でスズメの親子を観察。若鳥が親鳥がゲットした獲物をねだっていました。
画像69-8.jpg
雨の降る日はカタツムリ観察の絶好日。薄暗いのでストロボを使用して撮影しました。
画像69-9.jpg
市役所前の花壇にあるアパガンサスが咲き始めました。
画像69-10.jpg
ふもと北のギボウシもちょうど見ごろに。
画像69-11.jpg
外来種のオニアザミ。要注意外来生物に指定されています。
画像69-12.jpg
咲き始めたヤブミョウガを見つけました。これから夏に向けあちこちで観察できると思います。


【5月17日更新】
○夏鳥たちが訪れています
画像68-1.jpg
前回の更新から約1か月の間に小牧山を13回訪れました。4月下旬、夏鳥のコマドリの声が聞こえましたが姿を見ることができませんでした。キビタキと数回出会いましたが撮影できず、5月11日に中腹でやっと撮影。
画像68-2.jpg
同じ日、コサメビタキとも出会うことができました。
画像68-3.jpg
画像68-4.jpg
5月1日には山頂でサンショウクイと出会いました。
画像68-5.jpg
5月14日には中腹で聞きなれない「ジュリ ジュリ」という鳴き声が聞こえ、姿を探し薮から出てきたメボソムシクイを撮影。これまでセンダイムシクイは何度も出会っていますが、メボソムシクイとは初めての出会い。友人はオオルリを撮っていますが、私は今季出会うチャンスに恵まれません。
画像68-6.jpg
カナメモチの花が咲き、アオスジアゲハが飛来することも。
画像68-7.jpg
画像68-8.jpg
アオスジアゲハはトチノキ、エゴノキなどでも蜜を吸っています。
画像68-9.jpg
画像68-10.jpg
4月25日には写りはよくありませんが、中腹の公園でカラスアゲハを観察。
画像68-11.jpg
画像68-12.jpg
ふもとのタンポポにはキアゲハやモンシロチョウ。
画像68-13.jpg
画像68-15.jpg
見ごろを迎えたスイカズラには、タイワンタケクマバチやイチモンジセセリが。
画像68-16.jpg
画像68-17.jpg
テングチョウも登場。
画像68-18.jpg
5月3日にはシオカラトンボ。
画像68-19.jpg
高い場所なのでわかりにくいですが、ユリノキの花も咲いています。
画像68-20.jpg
秋に赤い実をつけるトキワサンザシの花。
画像68-21.jpg
スズメバチも活動を開始、散策するときに注意願います。
画像68-22.jpg
写真の整理が追いつかずアップが遅くなりました。
【4月13日更新】

○桜に続く花々
画像67-1.jpg
例年より早く3月下旬から咲いた桜の花が4月初めには終わってしまいました。4月6日と9日に自然観察した写真をアップします、前半は6日の観察から。大きなツツジの仲間が咲き始めましたが、小さなサツキは見ごろになったものも。
画像67-2.jpg
画像67-3.jpg
バス停近くの日陰には一重と八重のヤマブキが咲いています。
画像67-4.jpg
れきしるこまき近くでは八重桜や花梨の花が見ごろに。
画像67-5.jpg
ふもと北では桜の仲間が残っているところもあります。
画像67-6.jpg
枝垂れ桜にスズメ。
画像67-7.jpg
ふ化したばかりのナナフシの幼虫をあちこちで何頭も見つけました。
画像67-8.jpg
画像67-9.jpg
次からは9日の観察、花数を増してきた大きなツツジ。
画像67-10.jpg
画像67-11.jpg
中腹の公園で冬鳥のアオジ。
画像67-12.jpg
画像67-13.jpg
しばらく姿を見なかった冬鳥のルリビタキは渡り途中の個体でしょうか。周辺には桜の花びらが。
画像67-14.jpg
画像67-15.jpg
冬鳥のシロハラもいました。
画像67-16.jpg
大手道のカタバミにヤマトシジミ。
画像67-17.jpg
産卵するようすも観察できました。
画像67-18.jpg
画像67-19.jpg

 

 

令和2年4月~令和3年3月の観察日記はこちらから♪

 

<筆者自己紹介>

 清水 豊(しみず ゆたか) ニックネームは好調

 1951年、小牧生まれ。

 小学生の頃、近所の友人たちと小牧山でクワガタ採り、自宅近くの小川のザリガニ釣りなどで遊びました。

 高校で昆虫博士の同級生と出会い、昆虫採集や標本作りに目覚めました。

 大学で生物学を専攻し生物同好会の観察会に参加する一方、同級生と昆虫採集旅行に出かけました。

 教職についてから昆虫採集ができなくなり、教育委員会主催の親子で自然に親しむ会の講師を行いようになりました。

 教職10年目頃、自然に関する知識を増やそうと野鳥写真を撮り始めました。

 学校週5日制が始まった時、子どもたちの社会教育の場について考え自然観察指導員の資格を取得しました。

 定年退職後、身近な自然を子どもたちに紹介する観察会を行うと同時に小牧市近隣の自然の記録写真を撮り始めました。